モザンビーク共和国大使館 Embassy of the Republic of Mozambique in Tokyo, Japan ENGLISH 大使館案内 お問い合せ
ホーム お知らせ ビザ イベント 大使館外交官スタッフ 観光・投資情報 モザンビーク基礎データ リンク

観光情報

モザンビークについての基礎データはこちら
モザンビークについて知っておくと便利な情報はこちら
投資についての情報はこちら[英語] (日本語版は準備中)

変化のリズム モザンビーク モザンビーク写真

観光でモザンビークに行く?!

数年前だったらモザンビークに観光旅行で行くなどということは考えられませんでした。よほどの冒険家でない限り。しかし内戦の終結と多数政党制の制定にともない、モザンビークは国連が調停している国々のなかでもっとも成功を収めた模範国として生まれ変わりました。モザンビークは数十年に渡る孤立から抜け出し、南部アフリカの中でも最も魅力にあふれる観光地のメッカとして再浮上したのです。価値の高い歴史的文化的遺産、熱帯の美しいビーチと広大なサンゴ礁の浅瀬、パノラマの展望、建築物の賞賛に値するヴァリエーション。今こそモザンビークを訪れるチャンスです。すでに訪れた人々の間では、この魅力にあふれる国が提供する奥行きの深い多様性の醍醐味が話題となっています。あなたの想像力と冒険心を携えて、南部アフリカの最も輝きに満ちた宝石の一つを発見してください。

首都マプト

モザンビーク マプト写真

旧称ロウレンソ・マルケスのこの町は、アカシアの並木道、マプト湾とインド洋に沿った摩天楼が美しい大都市です。その注目すべき特徴の一つは、アールヌーボーやポルトガルのコロニアル様式など多様性に富む建造物であり、マプトをアフリカの中でも最もオリジナリティにあふれる都市にしています。マプトは目下更なる発展のために再建中であり、観光地としてのインフラが目まぐるしい早さで整いつつあります。

モザンビークの生活様式

モザンビークの生活様式は、他のアフリカ諸国と比べ、アフリカ、アラブ、ポルトガルの影響を受けたダイナミックでコントラストに満ちた文化の融合をその特徴としています。モダンな都会マプトの街角、快活な人々がたむろす通り、活気にあふれたナイトクラブ、色とりどりのマーケット、そしてこの国の長い海岸線に散らばった伝統的な漁村で、あなたはモザンビーク人の生きる喜びに出会うことができるでしょう。

見どころ

モザンビーク イボ写真

モザンビークの北部は、歴史的なモニュメントが多く、記憶に焼きつくパノラマの展望もあり、都市部の雑踏から抜け出したい人にはとっておきです。北部のエキゾチックな訪問地としては、ナムリ山やウナンゴ山、モザンビーク島の歴史遺産、アンゴシェ、イボ、カバセイラ・ペケーナ(16世紀に建てられたモザンビークで最初の教会があります)、ペンバの素晴らしい天然港などがあります。

自然

2500Kmにおよぶ海岸線をもつモザンビークは、熱帯のビーチとサンゴ礁の浅瀬が美しく、スキューバーダイビングを始めとするマリンスポーツの愛好者、太陽の光を求める人々、探検家たちにとって、まさしくパラダイスです。インド洋沿いでも稀になってきている未踏の海岸では、貴重な海の生息物が観察できます。多種のサメやエイに加え、カラフルで類稀なる美しさをもつ熱帯魚が生息しています。

ソファラ県ベイラ市

モザンビーク マプト写真

国の中心部に位置するベイラ市は、海岸沿いの町ですが、「モザンビークの心」として知られています。モザンビークの中でも最も古い都市の一つで、1887年に軍事拠点として誕生しました。ベイラ市は歴史的な魅力にあふれています。建物の多くは20世紀初頭に建てられました。町の北部にある大陸棚は、えびやせみえびの漁獲に理想的な条件をもっており、ベイラ市を海の幸のメッカにしています。ベイラ市近郊には、稀少種を観察できるゴロンゴーザ国立公園やマロメウのバッファロー生息地などの自然公園があります。周辺では豹、ライオン、バッファロー、象、かば、シマウマその他多数の野生動物に出会えます。ベイラ市はまた、美しいバザルト諸島への通過点でもあります。バザルト諸島は、多様なマリンスポーツを楽しみたい人にとってパラダイスです。

ラテン的魅力

モザンビークは、植民地時代の文化的遺産として、ラテンの魅力にもあふれています。近隣諸国の英国の伝統を汲む料理とは対称的なポルトガル風アフリカ料理が豊富にあります。またナイトクラブでは、モザンビーク人生来のエネルギーを、ラテンのリズム、流行曲とともに体感できます。南部アフリカでは、モザンビーク人の他者との共感、快活さ、生きる喜びがよく知られています。訪問者たちは、いつでも大歓迎されます。

■モザンビーク国立観光局(INATUR)

モザンビークへの観光を企画されている旅行会社の方はモザンビーク国立観光局にご相談ください。

モザンビーク国立観光局INATUR( Instituto Nacional de Turismo)
Av. 25 de Setembro. 1203, 3F, C.P. 4758 Maputo, Mozambique
Tel : +258-21-307320/1
Fax : +258-21-307322
Mail: inatur@inatur.org.mz  mail
Web: http://www.inatur.org.mz/

●INATURによる最新版(2011-2012年版)の観光パンフレットはこちら(Destination Mozambique 2011-2012)でご覧いただけます。

投資情報

モザンビーク国立観光局

(INATUR)
Av. 25 de Setembro. 1203, 3F, C.P. 4758 Maputo, Mozambique
Tel : +258-21-307320/1
Fax : +258-21-307322
Mail: inatur@inatur.org.mz

モザンビークへの観光を企画されている旅行会社の方は、上記モザンビーク国立観光局にご相談ください。

大使館案内はこちら
住所、電話番号、地図などです。
ビザ申請についてはこちら
モザンビークに入国するためには、有効期限内のパスポートと入国ビザが必要です。
大使館からのお知らせはこちら
大使館からの最新のお知らせは「お知らせ」コーナーでご確認ください。
イベント情報はこちら
日本で開催されるアフリカ関連のイベント情報です。
モザンビークのご案内はこちら
モザンビークについての基礎データ、また知っておくと便利な情報の紹介です。
フォト・ギャラリーフォト・ギャラリー写真サンプルフォト・ギャラリーへ

〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1-33-14

Tel: 03-5760-6271/2, Fax: 03-5760-6274

Copyright (C) 2007 Embassy of the Republic of Mozambique in Tokyo