モザンビーク共和国大使館 Embassy of the Republic of Mozambique in Tokyo, Japan ENGLISH 大使館案内 お問い合せ
ホーム お知らせ ビザ イベント 大使館外交官スタッフ 観光・投資情報 モザンビーク基礎データ リンク

ビザ申請

モザンビークに入国する際には、一部の国の旅券保有者と一部の国の公用・外交旅券保有者を除いては、日本旅券保有者を含め全ての方がビザを取得する必要があります。当大使館では、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドのいずれかの国に居住している方へのビザ発行が可能です。ビザ発給については、ケースバイケースで審査が行われます事をご了承ください。

 

<到着ビザの発給について>

居住している国にモザンビーク大使館/領事館がなく事前にビザ取得が困難であり、なおかつ観光目的でモザンビークへ渡航なさる方を対象に、モザンビークの国際空港等においての到着観光ビザの発給が可能になりました。この到着観光ビザは、モザンビークへの入国と出国を2回行う事が許可された2次エントリービザで、一度の入国につき、最大で30日間まで滞在が可能です。

 

 

ビザの申請は入国予定日の1ヶ月前から可能です。ビザの発行日から60日以内にモザンビークへ入国しない場合、そのビザは無効になります。また、ビザ面に記載されている日付けまたはそれ以前にモザンビークを最終出国せねばならないことをご留意ください。

 

申請書の署名は必ず渡航者本人が、パスポートと同じ署名をするようにして下さい。申請後の変更・キャンセルは受け付けておりません。また、全ての書類は英語またはポルトガル語で作成の上、提出して下さい。

 

 

不明な点は領事部までメールでお問い合わせくださいmoz.consular@embamoc.jp

 

HPの情報を確認すれば明白である内容への問合せには回答しない場合があります。尚、お問合わせのための来館はご遠慮下さい。

 

 

 

開館時間

土・日曜日、日本とモザンビークの祝日を除く

申請(月〜金)
9:30〜12:00
受領(月〜金)
9:30〜12:00

 

提出書類

○申請書類は@〜Bの他、内容や、経由地によって追加書類が異なります。

○申請書類を提出する際には、全ての書類と写真をホチキスでとめずに

一式まとめて提出してください

○文字を訂正する際には修正液等は用いず、二重線とサインを書いて修正して下さい。

 

@ 全ての申請者が必要な書類 ≪日本国籍・外国籍両方≫

 

1. パスポート(原本) 

  • 申請時残存が180日(6か月)以上であること。
  • 査証余白は連続4ページ(見開き)であること。

 

2. パスポートの写真ページのカラーコピー

 

3. 申請書

  • こちらのVisa申請書をご使用ください
  • 申請書の記入例はこちら
  • PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

 

4. 証明写真 2枚

  • サイズ:3.5cm×4.5cm (白黒・カラー両方可)
  • 同じ年に再申請の場合は不要。
  • 写真の裏に名前(ローマ字)を記入して下さい
  • 写真に付箋などを付けて保護をしないでください。

 

5. 予約済み往復(日本⇔モザンビーク)航空券

  • Eチケットお客様控え(Eチケットのコピーも可)or旅行会社発行の予約確認書(航空会社の予約番号が確認でき、行先(国名)がアルファベット表記されていること)を提出。
  • 周辺国から陸路で入国する場合、または周辺国へ陸路で出国する場合はモザンビークへの入出国日、経路を記した行程表を英語またはポルトガル語で提出。またモザンビークへの陸路での入出国に限らず、アフリカ到着後の到着空港と帰国の際の出発空港が異なり、旅の行程が明確でない場合は、その行程も英語またはポルトガル語で提出。旅程表の見本はこちら

 

6. イエローカードのコピー

  • 経由地によってはイエローカードの提出が必要です。提出の必要の有無については以下の「黄熱病の予防接種証明書(イエローカード)について」の項目を参照下さい。

    

 

A 追加書類 ≪日本国籍・外国籍両方≫

申請するビザの種類に応じて追加してください。

目的

ビザ有効期限

 

追加書類

外交・公用

(*1)

30日シングル・90日マルチプル

●口上書

 

優遇 30日シングル・90日マルチプル モザンビーク政府からの文書

駐在員

家族居住

30日(*2)

シングルのみ

●犯罪歴証明書原本(ビザ受領時に返却します。)

-申請者の所属国籍の国発行のもの、直近1年以内に居住していた国発行のもの。

-DIRE申請時に取得から90日以内であること。

-発行国が日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドのいずれかの場合、それぞれの外務省領事サービス課より認証印を押されたものを提出。当大使館にて領事認証処理をいたしますので、料金が別途6000円掛かります。

-日本、韓国、オーストラリア、 ニュージーランド以外の国発行の犯罪歴証明書の場合は、その国やその国を領事管轄する現地モザンビーク大使館や領事館にて、犯罪歴証明書に領事認証を受ける事。この場合は、当大使館への6000円の料金の支払いは不要。

●健康診断書 (受診から90日以内のもの)

●モザンビーク国内における、住居費を含む生活費用を工面できるという証明

●申請者が自身の所得で生計を立てる場合は、収入証明

●申請者自身に収入がない場合は、モザンビークに居住(就労)している世帯主からの身元保証書

●モザンビークに居住(就労)している

身元保証者のパスポートとDIREとビザのコピー

●身元保証人との家族関係を証明する書類(戸籍抄本の写しなど)

身元保証者が就労している場合は、身元保証者の労働契約書と就労許可書や関係分野の省庁からの招聘状などのコピー

一時滞在(現在発行不可)

30日シングル

・90日マルチプル

●免許証などパスポート以外の身分証明書

●犯罪歴証明書原本(ビザ受領時に返却します。)

-申請者の所属国籍の国発行のもの、直近1年以内に居住していた国発行のもの。

-DIRE申請時に取得から90日以内であること。

-発行国が日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドのいずれかの場合、それぞれの外務省領事サービス課より認証印を押されたものを提出。当大使館にて領事認証処理をいたしますので、料金が別途6000円掛かります。

-日本、韓国、オーストラリア、 ニュージーランド以外の国発行の犯罪歴証明書の場合は、その国やその国を領事管轄する現地モザンビーク大使館や領事館にて、犯罪歴証明書に領事認証を受ける事。この場合は、当大使館への6000円の料金の支払いは不要。

●金融機関発行の預金残高証明書など、滞在中の生活資金を証明するもの

●面接

*申請により、上記以外の書類の提出を求める場合があります

観光

30日シングル(90日マルチプル)

 

到着ビザ取得可

マルチプルビザを希望する場合は、2回以上の入国予定があることを示す旅程表や航空券の予約控えなど

ホテルの予約控え

※家族や知人の家に宿泊予定である場合は、目的は「家族または知人訪問」(要追加書類)となります。

通過 7日シングルのみ ●次の訪問先(国)のビザを所持している事

家族または

知人訪問

30日シングル

・90日マルチプル

●帰国費用を含む、モザンビーク国内の滞在費用の負担を証明する、現地家族・知人からの身元保証書

身元保証人の身分証明書(パスポートやDIREなど)のコピー

●医学的治療目的で入国する場合は、医療費用が負担できるという事の証明

●マルチプルビザを希望する場合は、2回以上の入国予定があることを示す旅程表や航空券の予約控えなど(身元保証書に2回以上の入国予定がある事を合わせて記載いただいても構いません)

スポーツ・文化活動(現在発行不可) 30日シングルのみ ●参加予定の大会や展示会、強化合宿の主催者からの招聘状
商用/業務

30日シングル

・90日マルチプル

●日本の所属先(会社)からの推薦状

 または、現地会社からの招聘状

●マルチプルビザを希望する場合は、2回以上の入国予定があることを示す旅程表や航空券の予約控えなど(推薦状や招聘状に2回以上の入国予定がある事を合わせて記載いただいても構いません)

※書式は自由ですが、必ず会社の電話番号を記載してください。

投資活動(現在発行不可)

30日シングル

・90日マルチプル

5000万ドル以上の投資を行う事に関する、関係当局からの承認・許可書類
就学

30日(*2)

シングルのみ

健康診断書(受診から90日以内のもの)

●奨学金貸与・受給証明書または学費が支払える事を証明する書類

●モザンビーク国内における居住(予定)場所を証明する書類

●モザンビーク国内教育機関からの就学許可書

●モザンビークでの就学終了後の帰国を約束する誓約書

●就労先からの派遣留学の場合は、就労先からの推薦状

●犯罪歴証明書原本(ビザ受領時に返却します。)

-申請者の所属国籍の国発行のもの、直近1年以内に居住していた国発行のもの。

-DIRE申請時に取得から90日以内であること。

-発行国が日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドのいずれかの場合、それぞれの外務省領事サービス課より認証印を押されたものを提出。当大使館にて領事認証処理をいたしますので、料金が別途6000円掛かります。

-日本、韓国、オーストラリア、 ニュージーランド以外の国発行の犯罪歴証明書の場合は、その国やその国を領事管轄する現地モザンビーク大使館や領事館にて、犯罪歴証明書に領事認証を受ける事。この場合は、当大使館への6000円の料金の支払いは不要。

就労

30日(*2)

シングルのみ

●労働契約書コピー

●労働許可証(申請者名の記載があるもの)・所属企業の営業許可書(任意) または、宗教活動の場合は法務省からの活動許可証((申請者名の記載があるもの)

●公共事業に従事する場合は、関係分野の省庁からの許可/招聘状

●健康診断書(受診から90日以内のもの)

モザンビーク国内における居住(予定)場所を証明する書類(所属企業からの推薦状に記載可)

●派遣理由や仕事内容(役職)を詳細に記した文書(所属企業からの推薦状に記載可)

●帰国費用を証明するもの(往復航空券や残高証明書、または所属企業からの推薦状に往復の旅費を負担する旨を明記して頂くなど)

*公共機関・団体での就労の場合は、関係省庁が当費用の免除を許可できます。帰国費用を保持している事が証明できない場合、現地の入管で保証金を徴収される場合があります

●犯罪歴証明書原本(ビザ受領時に返却します。

-申請者の所属国籍の国発行のもの、直近1年以内に居住していた国発行のもの。

-DIRE申請時に取得から90日以内であること。

-発行国が日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドのいずれかの場合、それぞれの外務省領事サービス課より認証印を押されたものを提出。当大使館にて領事認証処理をいたしますので、料金が別途6000円掛かります。

-日本、韓国、オーストラリア、 ニュージーランド以外の国発行の犯罪歴証明書の場合は、その国やその国を領事管轄する現地モザンビーク大使館や領事館にて、犯罪歴証明書に領事認証を受ける事。この場合は、当大使館への6000円の料金の支払いは不要。

 

30日シングルエントリービザも90日マルチプルエントリービザも、1回の入国での最長滞在期間は連続30日間までです。

 

(*1)申請には外交旅券・公用旅券が必要です。

(*2)有効期限内(入国から30日以内)に現地入国管理局にて在留資格「DIRE」を取得する。(1年ごとに更新)

 

B 追加書類 ≪外国籍(韓国、オーストラリア、ニュージーランド国籍は除く)のみ≫

日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドいずれかに在住で、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランド国籍以外の方は上記必要書類 @+A の他に下記書類も併せて提出してください。

長期滞在ビザをお持ちでない方は申請できません。

● 金融機関英文預金残高証明書

 往復の航空券を購入や滞在費として残高30万円以上を証明すること。

 通帳のコピー不可。 証明書は発行1か月以内のものであること。

● 日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドでの長期滞在資格を証明できるもの(例:日本の長期滞在ビザのコピーとその有効な日本長期滞在ビザが貼付されているパスポート、在留カードなど)

● 南アフリカ共和国のトランジットビザ

 (南アフリカ共和国を通過する場合のみ、国籍によっては必要なし)

外国籍の方は必ず下記サイトよりご確認ください。日本国籍の方は不要です。

 南アフリカ共和国 ビザ免除国一覧

 

代理申請について

代理申請は可能ですが、郵便での受付は行っておりません。

代理申請の場合、委任状、代理人の身分証明書の提示は不要です。

 

 

招聘状・推薦状・身元保証書について

提出書類はすべてポルトガル語、又は英語で作成してください。
現地からの招聘状や身元保証書は、オリジナルの他、FAXで受領可。 E-mailの場合PDF等で受領し、社印やサインがあるか確認して下さい。(直接大使館に送らない事、E-mail本文の提出は不可)

サンプルはこちらから (招聘状推薦状身元保証書

黄熱病の予防接種証明書(イエローカード)について

下記42カ国を経由してモザンビーク入国の場合は申請時、黄熱病予防接種証明書(イエローカード)の提示が必要となります。 (下記42カ国に居住されている場合も同様にイエローカードの提示が必要です)

* ビザ申請時に証明書コピーを提出してください。

 

アンゴラ、アルゼンチン、ベニン、ボリビア、ブラジル、ブルキナファソ、ブルンジ、カメルーン、中央アフリカ、チャド、コロンビア、コンゴ、コートジボワール、DRコンゴ、エクアドル、赤道ギニア、エチオピア、ギアナ、ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、ギニアビサウ、ガイアナ、ケニア、リベリア、マリ、モーリタニア、ニジェール、ナイジェリア、パナマ、パラグアイ、ペルー、ルワンダ、セネガル、シエラ・レオネ、スーダン、スリナム、トーゴ、トリニダード、ウガンダ、ベネズエラ

また雨期に渡航予定の方には、マラリアの予防をお勧めしています。

撮影許可について

撮影目的でモザンビークに入国する場合、事前に許可が必要です。首都マプトの国立視聴覚・映画協会に撮影許可証の請求をして下さい。

Instituto Nacional de Audiovisual e Cinema (INAC)

Av Agostinho Neto No. 960, Maputo

Caixa Postal 679

 

TEL:+258-21-431068

TELEFAX:+258-21-307190

Cell: +258-82-306-7084 / +258-84-300-7586

Email: dg.inac@tvcabo.co.mz

http://www.inac.gov.mz/

 

* 空港・軍事施設周辺は撮影禁止です。

* ビザ申請時に許可証コピーを提出してください。

所要日数・料金

申請前にビザ料金をお振込のうえ、大使館へ申請にお越し下さい。

ビザ代金の支払い日は、ビザ申請を行う日と同日になるようにお願いいたします。

ビザ申請の際は、振り込み明細書と共に、ビザ申請書類をご提出ください。

また、一度振り込まれた料金は返金できません。

 

 

● 日本国籍・外国籍とも同料金

● 外交・公用の場合は無料

 

ビザタイプ
有効期間
所要審査日数
料金
シングル
30日
通常申請
10営業日
8,500円
緊急申請
2-3営業日
12,000円
特急申請
1営業日
16,000円
マルチプル
90日
通常申請
10営業日
17,000円
緊急申請
2-3営業日
25,500円
特急申請
1営業日
29,750円

ビザ申請からビザ発行までの所要日数についてはこちらをご覧ください。

 

 

三菱東京UFJ銀行 虎ノ門支店(店番041) 普通 2265306

EMBASSY OF THE REPUBLIC OF MOZAMBIQUE

SWIFTコード:BOTKJPJT

 

三菱東京UFJ銀行 虎ノ門支店の住所

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-4-2 虎ノ門東洋ビル

 

 

大使館案内はこちら
住所、電話番号、地図などです。
イベント情報はこちら
日本で開催されるアフリカ関連のイベント情報です。
モザンビークのご案内はこちら
モザンビークについての基礎データ、また知っておくと便利な情報の紹介です。
モザンビークへの投資・観光情報はこちら
モザンビークの見どころなど観光についての詳細、また投資についての紹介です。
大使館からのお知らせはこちら
大使館からの最新のお知らせは「お知らせ」コーナーでご確認ください。
フォト・ギャラリーフォト・ギャラリー写真サンプルフォト・ギャラリーへ

〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1-33-14

Tel: 03-5760-6271/2, Fax: 03-5760-6274

Copyright (C) 2007 Embassy of the Republic of Mozambique in Tokyo